● 2007年8月18日 北海道地区乗馬倶楽部振興会主催
  第29回 北海道地区乗馬大会 馬場馬術競技3競技に
  当クラブから5人出場し、2競技で優勝しました!



 2007年8月18・19の両日、フロンティア乗馬クラブにおいて行われた、北海道地区乗馬倶楽部振興会主催「第29回北海道地区乗馬大会」の馬場馬術競技3競技に、当クラブから5選手が出場し、2競技で優勝いたしました。

● 北海道地区乗馬指導者競技会 JEF馬場馬術競技 第3課目2006A
   優勝 七尾 久美 (当北広島乗馬クラブ社長)
       乗馬:アーデルハイド号(セルフランセ 牝 )

● JEF馬場馬術競技 第2課目2004
   優勝 川畑 由夏(北広島乗馬クラブ所属)
       乗馬:タイセンカイザー号(サラブレッド セン)


 ほかに出場の3選手も、日頃の練習成果を発揮し、好成績を残しました。
 JEF馬場馬術競技 第3科目Bに出場の2選手については、(社)全国乗馬倶楽部振興協会の、技能認定審査1級合格を目標としての出場でした。演技の結果、実技の合格得点に達していましたので、今後は学科試験の合格を目指します!

・七尾社長を乗せて出場したアーデルハイド号(愛称ハイジ)の優勝談話
 「ワタシ今回競技会デビューだったでしょう。
  ワタシってまだ子供だし、今年から本格的に馬場の練習が始まったじゃない。
  社長さんの期待に応えようと、ずっと頑張ってきたの。
  ワタシなら行ける!大丈夫って思っていたんだけど、やっぱり本番になると緊張したワァ。
  入場したら興奮しちゃって、社長さんが敬礼したとき、思わず大きな声でいなないてしまったワ!
  
ハイジ行きます!って感じだったかしら。
  あとは、もう社長さんを信頼して、一生懸命頑張ったワ。
  お陰で、優勝でデビュー戦を飾って、本当にハッピーでした。o(^o^)o」   

・川畑選手を乗せて出場したタイセンカイザー号(愛称カイ君)の優勝談話
 「暫く振りの出場だったもんだから、年甲斐もなく朝から舞い上がってたけれど、3回も出場できたので、だんだん落ち着いてできたよ。
  はじめの2回のOサンSサンの時は、まだ落ち着いて無くて悪いことをしちゃったな。
  自分的には、上手くできたと思うんだけれど、興奮して思わず鳴いてしまったり、Oサンの敬礼と一緒にお辞儀しちゃったりして、迷惑かけちゃったかな?
  ウケを狙ったつもりはなかったんだけど、カイ君可愛いなんてファンの女性から声もかかって、嬉しかったなぁ。
  優勝もできたし、天気も良かったし、綺麗に手入れをしてくれて最高の一日でした。(^_^)」