2009年7月18日当クラブにおいて、(社)全国乗馬倶楽部振興協会認定の乗馬技能審査会を実施しました。

 本年の受験は、

       ○ 馬場2級  1人 (Wさん)
       ○ 3級     2人 (Mさんご夫妻)
       ○ 4級     1人 (Aさん♀)
       ○ 5級     2人 (Aさん♂、Kさん♀)

 の6人が挑戦しました。

 受験者の皆さんは、緊張の内にも普段の練習の成果を十分に発揮され、学科試験と見事な実技審査を行い、全員合格されました。\(^o^)/

●馬場2級と4級のWさん、Aさん♀騎乗の大役を果たしたバンビーノ君の談話
 「僕は初めての審査会出場だったので、とっても緊張していたんだ。
  だけど、沢山練習していたし、昨日はとても綺麗に手入れしてもらって、タテガミも結ってもらったりして、なんかかっこよくなった気分で、落ち着いて演技が出来たよ。沢山褒めてもらったし、ご褒美の人参ももらえたし、ハッピーでしたo(^o^)o」 

●3級のMさん♀騎乗の大役を果たしたタイセンカイザー君の談話
 「僕なんてサ、ほらもうベテランじゃない( ̄^ ̄)V もう任せておきなっていう感じだったんけど、やっぱり競技用の馬場を見たらサ、なんかヤッタルゼェーっていう感じになって興奮しちゃった。そんで馬場に入る前はイケイケになっちゃって、Mさんに迷惑かけちゃったけど、馬場に入ったらやっぱり僕は最高だね!任せておきなって感じで演技できたよ。
 やっぱりカイ君だねなんて言われちゃって、気持ちの良い一日だったよ。(^_^)v」

●3級のMさん♂騎乗の大役を果たしたトップガンジュニア君の談話
 「僕はもともと少しあがり症の性格でしょう。顔はハンサムなんだけどね。
なので初めての審査会出場はとても緊張していたんだ。
  だけど、Mさんが優しく落ち着かせてくれたので、なんとか練習していたとおり出来たと思うよ。これからも沢山練習して、もっと上手に出来るように頑張ります!」 

●5級のAさん♂騎乗の大役を果たしたドリカム嬢の談話
 「
今回の審査会は、ワタシ紅一点だったじゃない、ワタシこのとおりの美人でしょ、殿方達の視線が痛い位感じたワァ。
 ヘアーとシッポのセットも完璧だったし、ワタシらしい魅力的な歩様と演技が出来たと思うの。Aさんもご満足いただけたんじゃないかしらン。
アラ、ワタシに惚れちゃ駄目よン、Aさんには奥様がいらっしゃるんだからネ(^_-)-☆」

●5級のKさん騎乗の大役を果たしたメディテーション君の談話
 「僕はこのとおり落ち着いている性格でしょう。それに優しいKさんが乗ってくれていたし、ドリカム姉さんも一緒だったので、落ち着いて演技が出来たよ。沢山褒めてもらって楽しい一日でした。」